• 2020/08/17
  • 歯科コラム

インビザラインの口腔スキャンができるようになりました!

歯科医学もデジタルの波が押しよせてきています。さまざまなものが日進月歩進化していきます。 まずはこの動画を見てください。





歯型取りといえば、動画の最後のほうにもありましたが、今まであの口になかにべたっとしたものを入れて固まるのをじっと待っていましたが、
これを使えば、画像を取り込むことで、マウスピース矯正用のマウスピース(インビザライン)や、ほかにも様々なセラミックなども作れます。



8月初旬に当医院でもこの機械が導入されました。

マウスピースで矯正したいという患者さんはここ数年ますます増えてきております。


またこの機械の特にいい点はお子さんの矯正装置を作成するのにも応用できることです。

お子さんは大人よりも嘔吐反射が強く、型とるのも おえっ となりやすいのです。(大人の方も少なからず嘔吐反射の強い方もおりますのでその方にも有用です)
楽に歯型を取ることができるようになればストレスもかなり軽減できますね。

まだ保険内での使用は認められてないので現在自費診療のみですが保険診療でもできるようになる日が来るかもしれませんね。

日々進化する歯科医療を我々も勉強し、少しでも患者さんにそれを還元できるよう切磋琢磨していきたいと思います。





一覧に戻る